指定後見人(読み)シテイコウケンニン

大辞林 第三版の解説

管理権を有する最後の親権者が、遺言で指定した未成年者の後見人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 未成年者に対し、最後に財産管理権をもつ親権者が、遺言で指定した後見人。〔現代大辞典(1922)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の指定後見人の言及

【後見】より

…(1)後見人 後見人になるのは,通常家庭裁判所によって選任された者(選任後見人,また選定後見人ともいう。841条)であるが,まれに,親権者であった者がその死亡に際し遺言で後見人を指定することもあり,その場合には指定された者が後見人になる(指定後見人。839条)。…

※「指定後見人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android