挿入反応(読み)ソウニュウハンノウ

化学辞典 第2版「挿入反応」の解説

挿入反応
ソウニュウハンノウ
insertion reaction

化学結合A-Bに別な分子,または原子団Xが挿入して,新しい化合物を生じる反応.

A-B + X → A-X-B

有機化合物における炭素-水素結合や炭素-炭素結合へカルベンが挿入して,あらたな炭素-炭素結合を生じることが知られている.

一方,有機金属化合物のまたはH-M結合に,各種の不飽和化合物が挿入して,新しい有機金属化合物を生成することが数多く知られている.この場合,不飽和化合物としては,アルケン類,一酸化炭素,二酸化炭素,二酸化硫黄,二硫化炭素などがある.

   [MnH(CO)5] + CF2=CF2 → [Mn(CHF2CF2)(CO)5]   

   [MnCH3(CO)5] + CO → [Mn(CH3CO)(CO)5]   

   CoH(N2){P(C6H5)3}3CO2

[Co(HCO2){P(C6H5)3}] + N2   

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android