コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捨て看 ステカン

1件 の用語解説(捨て看の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

捨て看

捨て看板の略。高さ二mほどの簡易看板で、電柱などに立て掛け、宣伝文句やデザインが布などにシルク印刷されている。かつては立て看板すなわち「立て看」と称し、学園紛争などで檄文が書き連ねられていた。「捨て看」はその亜流で、回収されずにそのまま捨て置かれることが多いので、こう呼ばれるようになった。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone