亜流(読み)アリュウ

  • ありゅう ‥リウ
  • ありゅう〔リウ〕

大辞林 第三版の解説

独創がなく、一流の人の模倣に終始する人。また、その作品。エピゴーネン。
その流派に属する人。同じ仲間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「亜」は「次(つぐ)」、第二位の意)
① 同じ流派を継ぐ人。同じ流れをくむ人。同じ仲間。同類。
※垂加文集(1714‐24)三・半斎翁墓表銘「又曰、士不面従退有後言、蓋翁是古士之亜流歟」
② 第一流の人に追随する二流の人。他のまねをするだけで、独創的でなく、劣っていること。また、その人。追随者。末流。エピゴーネン。
※嚼氷冷語(1899)〈内田魯庵〉「弦斎或は浪六亜流(アリウ)をしてデュマ若くはマルリャット一流の域まで達せしめたいものである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亜流の関連情報