コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掌珍論 しょうちんろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掌珍論
しょうちんろん

正しくは『大乗掌珍論』。インドの清弁 (しょうべん) 著。2巻。唐の玄奘が漢訳 (649) 。外道や部派仏教の謬見を論破して大乗空宗の要義を論述。本書中に立てられた量は掌珍比量または清弁比量と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android