論述(読み)ろんじゅつ

精選版 日本国語大辞典「論述」の解説

ろん‐じゅつ【論述】

〘名〙 べること。論をたてて述べること。また、その述べたもの。
※日本詩史(1771)凡例「第三巻、論述元和以後、京師芸文兼及他州
※新聞雑誌‐九号・明治四年(1871)八月「上表論述(ロンシュツ)する所能く前途の形勢内外の事情を洞観して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「論述」の解説

【論述】ろんじゆつ

序列して論じる。〔史記、封禅書〕の繆位して九年、齊の桓となり、~封禪せんと欲す。~繆立ちて、三十九年にして卒す。其の後百餘年にして、孔子六を論す。

字通「論」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android