コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外道 ゲドウ

デジタル大辞泉の解説

げ‐どう〔‐ダウ〕【外道】

仏語。仏教信者からみて、仏教以外の教え。また、それを信じる者。⇔内道
道理に背く考え。また、その考えをもつ者。邪道。
災いをなすもの。悪魔。また、邪悪な相をした仮面。「外道の面」
心のひねくれた人、邪悪な人をののしっていう語。
「もっともっと恥かしい、堕落した、―のやり口よ」〈葉山海に生くる人々
釣りで、目的と違ったが釣れたとき、その魚のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げどう【外道】

仏教においては,仏教以外の宗教や思想をすべて外道,外教(げきよう)あるいは外法(げほう)などと呼んでいる。サンスクリット原語は(anya‐)tīrthakaであって,(その宗教より)以外の宗教およびその信者,すなわち異教,異教徒を意味している。外道に対して,仏教はみずからを内道(ないどう),内教,内法などと言う。しかし,仏典中に用いられた外道の意味は必ずしも前述のように広くはなく,主として,古代インドにおけるものを指しており,六師外道,九十五種外道などすべてインドの外道である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げどう【外道】

〘仏〙 仏教以外の思想・宗教。また、その信者。特に、釈迦の同時代に存在した教説をさす。六師外道や九十五種外道など。 ↔ 一道内道
真理に反した説。また、それを説く人。邪道。
人に災厄をもたらすもの。悪魔。また、邪悪の相を表した仮面など。 「金毘羅童子と作て、-諸魔を調伏し/読本・弓張月 拾遺
人をののしる言葉。 「悪魔-め、人の陰徳のさまたげをして/滑稽本・七偏人」
釣りで、目的とする種類の魚以外に釣れた魚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外道
げどう

仏教以外の教え、また、その教えを信ずる者のこと。古代インドの六師(ろくし)外道のように、本来は仏教以外の思想や宗教を奉じている者のことをいい、古くは「異学(いがく)」「異見(いけん)」と訳された。やがて、外道の語が用いられてから、他をけなす意味をも含むようになり、邪道と同義にさえ用いられるようになり、さらに、仏の教えを非難し、そしる者をも外道とよぶようになった。[石上善應]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の外道の言及

【外法】より

…私利私欲を満たすために,他人を犠牲にすることをも恐れない法術のことで,邪術や幻術とほぼ同義である。外術(げじゆつ),外道(げどう)ともいう。天狗の行う法術(呪術)は外法であると考えられており,天狗のことを外法様,その術を行うことのできる僧を外法僧ということがある。…

※「外道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外道の関連キーワードサンジャヤ・ベーラッティプッタアジタ・ケーサカンバリンパクダ・カッチャーヤナ寇する・仇する・冦する侍戦隊シンケンジャーマッカリ・ゴーサーラベマ・ウンバルマ伝ローカーヤタ派アージービカ教倶利迦羅竜王自由思想家ゴーサーラ般若燈論竹杖外道木下梅庵金剛杵仏性論滑稽本ゲドウ目犍連

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外道の関連情報