探題ふ(読み)タンダウ

デジタル大辞泉の解説

たん‐だ・う〔‐ダふ〕【探題ふ】

[動ハ下二]《名詞「たんだい(探題)」の動詞化》
さがしたずねる。たずね求める。
「この血を―・へ化生の者を退治仕らうずるにて候」〈謡・土蜘蛛
さぐって調べる。よく調べて考える。
「根をたんでえて見りゃあ、みんなおめえに尽くす心で」〈洒・辰巳婦言〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんだう【探題ふ】

( 動下二 )
〔「探題」の動詞化〕
探したずねる。探し求める。 「この血を-・へ化生の者を退治仕らうずるにて候/謡曲・土蜘蛛」
せんさくする。よくしらべてみる。 「前代なき事と…かんぜさせられ、はじめを-・へさせ給ひ/浮世草子・武家義理物語 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android