コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化生 かせいmetaplasia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化生
かせい
metaplasia

いったん分化した組織が,他の性状を示す組織に変ることをいう。再生の過程で本来の組織と違った方向に分する,間接化生が多い。たとえば,慢性胃炎の際に胃の上皮が腸の上皮に変ったり,腸炎の際に腸の上皮が胃の上皮に変ったりする。呼吸器,子宮,胆嚢でも,円柱上皮でおおわれている粘膜が,慢性の炎症で扁平上皮に変ることがある。なお,乗馬者の骨と呼ばれる組織変化があるが,これは,強い機械的刺激を受けた股部の筋肉が変性し,骨組織に変った病変で,これも化生に属する。

化生
けしょう

四生」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

け‐しょう〔‐シヤウ〕【化生】

[名](スル)
仏語。四生(ししょう)の一。母胎や卵などからでなくて、忽然(こつぜん)として生まれるもの。天界や地獄、中有の衆生の類。
仏・菩薩(ぼさつ)が人々を救うために、人間の姿を借りてこの世に現れること。化身。
化けること。化け物。妖怪。「化生の身」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かせい【化生 metaplasia】

一定の方向に分化・成熟した組織が,その潜有能の幅の中で,他の成熟組織型をとること。刺激に対する組織の適応現象の一つで,刺激によって変性に陥った細胞が,組織修復の再生の際に,本来の分化の方向ではなくて,別の分化の方向にかわることをいう。通常はより安定した分化型にかわる。腺上皮からなる気道上皮が,タバコの煙の刺激をうけて重層扁平上皮にかわったり,肺繊維症のときに肺胞の扁平な上皮が立方上皮にかわったり(腺様化生),慢性胃炎のため固有胃粘膜上皮が小腸上皮にかわったりする(腸上皮化生)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かせい【化生】

( 名 ) スル
形を変えて生まれること。
ある特定の器官に分化した生物の組織・細胞が再生や病理的変化に伴って著しく異なった形に変化すること。赤星病にかかったナシの葉での海綿組織から柵さく状組織への変化など。変質形成。

けしょう【化生】

( 名 ) スル
〘仏〙 四生ししようの一。母胎・卵・湿気などによらず、自分の力によって忽然こつぜんと生まれること。天人や地獄・中有の者の生まれ方。
〘仏〙 浄土教で、阿弥陀の浄土に成仏すること。
生まれかわり。化身。
化け物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の化生の言及

【目∥眼】より

…眼球から網膜を取り除くと,色素上皮が増殖し網膜を形成する。このように水晶体や網膜はまったく異なった組織から再生してくるため,通常の再生現象と区別し化生metaplasiaと呼んでいる。虹彩からの水晶体再生は発生初期のニワトリ胚でも起こることが確認されているが,哺乳類では水晶体の再生は起こらない。…

※「化生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

化生の関連キーワードマリンド=アニム族伎芸天・伎藝天八十禍津日神来名戸之祖神死体化生神話阿弥陀浄土図大気都比売神表千家不白流大腸ポリープ田村の草子馬越 恭平大禍津日神神道五部書六道四生前癌状態胎卵湿化忌部正通上品蓮台馬越恭平軻遇突智

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化生の関連情報