探題(読み)たんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

探題
たんだい

(1) 仏教経典の論議 (竪義 ) の際に問題を選び,討論の可否を判定する役目。学徳の高い僧侶が任じられた。 (2) 鎌倉,室町幕府職名。特定地域を管轄,統制した。鎌倉幕府には六波羅探題九州探題長門探題があり,北条氏一族が任じられた。室町幕府には九州探題,奥州探題羽州探題があり,足利氏の一族が任じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たん‐だい【探題】

詩歌で、いくつかの題の中からくじで探り取った題によって作ること。さぐりだい。
寺院で経典を論議するとき、論題を選定し、問答後にその論旨の可否を評定する役僧。題者。探題博士。
鎌倉室町幕府の職名。遠隔の要地において、その地方の政治・軍事・裁判などをつかさどった。六波羅探題鎮西探題九州探題奥州探題など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たんだい【探題】

(1)仏教教学における僧の役名。学問僧の資格試験〈竪義(りゆうぎ)〉の出題,採否にかかわる最高責任者。竪義は,経論の要義を問答の中で披瀝する論義という形式で行われるが,探題はその論題を選定し,論義の経過を見届けて採否を慎重に吟味し,最終的な判定を行う。受験する学問僧は竪者(りつしや)と称し,問題を発する問者(もんじや)を相手に様式に準じて解釈等の解答を述べる。竪者の解答の様子を審査する役に精義者(せいぎしや)があり,通常の論題にさらに難問を付加したりする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんだい【探題】

詩歌の題詠の一。いくつかある題の中から、くじで探りとった題によって詠むこと。探り題。
〘仏〙 竪義りゆうぎと呼ばれる仏典の問答の際、出題および解答の判定を行い、全体を総括する僧。
鎌倉時代、執権・連署など政務の長官の別名。
中世、幕府から地方に派遣され、政務・訴訟の裁断・軍事をつかさどる地方長官。鎌倉時代には六波羅探題・鎮西ちんぜい探題など、室町時代には九州探題・奥州探題などが置かれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の探題の言及

【法華会】より

…戦国期一時中止になったが,江戸時代に復興し,現在は5年に1度大講堂で修せられる。故事にのっとって論義を行う者を竪者(りゆうしや∥りつしや)といい,その論義の判定をなす権威者を探題と称し,一山の長老があたる。法華八講・法華十講なども法華会と称するが,これは講座の数によって名づけられたものである。…

※「探題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

探題の関連情報