コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接写倍率 セッシャバイリツ

デジタル大辞泉の解説

せっしゃ‐ばいりつ【接写倍率】

接写するときの撮影倍率。小さな花や昆虫などを大きく撮影する場合の指標となる。接写に向くマクロレンズの中には最大撮影倍率が等倍以上のものがある。また、クローズアップレンズ接写リングを用いて最短撮影距離を短くすると、倍率を上げることができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android