コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接触作用 せっしょくさようcontact catalysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接触作用
せっしょくさよう
contact catalysis

不均一相の界面で進む触媒作用。気体または液体の物質を固体触媒で反応させる場合が多く,工業的に利用される。 (→触媒 , 接触還元 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android