コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻き合(わ)せ カキアワセ

デジタル大辞泉の解説

かき‐あわせ〔‐あはせ〕【×掻き合(わ)せ】

舞楽で、舞いはじめるときの手。
雅楽演奏の前奏曲「調子」で用いられる箏(そう)の旋律。
箏・琴・琵琶などの弦の調子を整えたあと、ためしに弾いてみること。また、その曲。ためしひき。
「黄鐘(わうしき)調の―を、いとあはれに弾きなし給へば」〈・宿木〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

掻き合(わ)せの関連キーワード

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android