コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前奏曲 ぜんそうきょくprelude

翻訳|prelude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前奏曲
ぜんそうきょく
prelude

器楽曲の一種。その名の示すとおり導入的性格をもつ場合と,それにはかかわりなく,軽やかで自由なスタイルの器楽小品をさす場合とがある。前者には組曲その他多楽章作品の冒頭楽章,フーガの前におかれ1対をなす場合,教会の礼拝などにおいて単一曲ながら前奏の役目を果す場合,歌劇の幕前音楽などがある。後者の例としては,ショパンドビュッシーの『前奏曲集』が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんそう‐きょく【前奏曲】


㋐導入的性格をもつ器楽曲。15世紀ごろ、即興的な器楽曲として現れ、17、8世紀には舞踊組曲の冒頭楽章として、また、フーガと組み合わせた形式で盛んに作られた。19世紀以降は導入的性格をもたない独立的な作品も多い。プレリュード
オペラの全体あるいは各幕の序曲。
事件や物事の始まり。「雪解けの水が春の前奏曲を奏でる」
[補説]作品名別項。→前奏曲

ぜんそうきょく【前奏曲】[曲名]

原題、〈フランスLes préludesリスト交響詩ハ長調。1848年作曲。1852年、1853年改訂。フランスロマン派の詩人ラマルティーヌによる「人生は死への前奏曲」であるという大意の詩に着想を得た作品。レ‐プレリュード。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

前奏曲【ぜんそうきょく】

プレリュードpreludeともいい,ドイツ語ではフォアシュピールVorspiel。儀式典礼あるいはフーガ組曲などの楽曲の前に演奏される曲。また序曲の一種としてオペラの冒頭や各幕の導入部にも置かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

前奏曲

フランスの作曲家クロード・ドビュッシーのピアノ曲集。原題《Préludes》。全2巻、それぞれ12曲からなる。第1巻の第8曲『亜麻色の髪の乙女』が広く知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんそうきょく【前奏曲 prelude】

劇やオペラ,組曲などの冒頭におかれ,導入の役目をもつ器楽曲。英語,フランス語のプレリュード,ドイツ語のフォアシュピールVorspielの訳語。一定の形式はないが用途によって構成,規模が異なる。(1)組曲などの多楽章曲やバレエの冒頭におかれた曲。行進曲風のものは,とくにイントラーダintradaと呼ばれ,バレエなどの場合の登場曲は,とくにアントレentréeという。(2)フーガなどの前におかれた楽曲で,前奏曲とフーガとで1対を成す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんそうきょく【前奏曲】

フランス prélude〕 一般に導入的性格の器楽曲。古くから礼拝に先立って奏されるオルガン曲として存在したが、一七、八世紀には、フーガと対になってその前に置かれるもの、組曲など多楽章曲の冒頭曲などとしても作られた。一九世紀には自由な形式の独立した小曲となる。プレリュード。
一九世紀以後のオペラで幕が開く前に演奏される曲。序曲の一種だが、劇本体との結びつきがより強く、各幕ごとにつけられる。
ある事柄の前触れ。 「春の訪れの-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前奏曲
ぜんそうきょく
praeambulumラテン語
prelude英語
prludeフランス語
PrludiumVorspielドイツ語

導入的性格をもつ器楽曲。時代や地域によって様式や形式がまったく異なる。(1)古くは、リュートやオルガンなどの楽器の調律を確認したり、合唱に曲の旋法や音高を教えるために即興で奏された。15世紀ごろから、華麗な走句と和音が交代する独立した作品が現れる。(2)17世紀から18世紀にかけては、舞踊組曲の冒頭楽章として重要な役割を果たす。ドイツでは対位法による緊密な書法が多いのに対して、フランスでは「拍節のない前奏曲prlude non mesur」とよばれる即興的性格の強いタイプが好まれた。(3)同じころ、北ドイツのオルガン奏者は、フーガと組み合わせた独特の形式を発展させていた(J・S・バッハ作曲『プレリュードとフーガ』BWV531~552、『平均律クラビーア曲集』二巻)。この形は18世紀後半に一度姿を消すが、19世紀中ごろのバッハ再発見とともに復活、メンデルスゾーン、ブラームス、フランク、レーガーのピアノ曲やオルガン曲にその例がみられる。(4)17、18世紀のドイツ・プロテスタント(ルター派)のオルガン曲では、コラール旋律を用いた小品(コラール前奏曲)という新しい形式が生まれた。(5)19世紀に入ると、前奏の機能をもたない作品が登場する。とくにショパンの『24の前奏曲』(1836~39)以後、24の長短調を用いたピアノ曲集が書かれるようになった(ラフマニノフ、アルカン)。ドビュッシーの二巻の『前奏曲集』(1909~10、1910~12)では、各巻の12曲それぞれに『亜麻(あま)色の髪の乙女』などの標題が付されている。また、リストの交響詩『前奏曲』や、ドビュッシーの『牧神の午後への前奏曲』のように、独立した管弦楽曲もある。(6)なお、ワーグナー以後、オペラ全体もしくは各幕の序曲に、このことばが用いられている(ワーグナーの『ローエングリン』『ニュルンベルクのマイスタージンガー』『トリスタンとイゾルデ』をはじめ、ベルディ、マイヤベーアなど)。[関根敏子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の前奏曲の言及

【序曲】より

…また,19世紀フランスのオペレッタでは,オペラのアリアの旋律をつなぎ合わせたポプリ形式の序曲も生まれている。W.R.ワーグナーは《ローエングリン》(1848)以後の楽劇において,序曲に代わり,各幕の前奏という意味で〈フォアシュピールVorspiel(前奏曲)〉の語を採用している。 そのほか,劇音楽や祝祭用,または演奏会目的でこの名をもつ作品が書かれており,ベートーベンの《エグモント》序曲,《命名祝日》序曲,メンデルスゾーンの《真夏の夜の夢》序曲,ブラームスの《大学祝典序曲》,チャイコフスキーの幻想的序曲《ロメオとジュリエット》,ドボルジャークの《謝肉祭》を含む序曲三部作が有名である。…

※「前奏曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前奏曲の関連キーワードプーランク:ナゼールの夜(前奏曲、8つの変奏、カデンツァ、終曲)/piano soloローゼンブラット:前奏曲とクワジ・オスティナート/2 pianos 4 handsバッハ:前奏曲とパルティータ ヘ長調(第3旋法による)/piano soloドビュッシー:プレリュード(前奏曲)集 第1集/piano soloサティ:犬のための本当にぶよぶよした前奏曲/piano soloラフマニノフ:前奏曲集(プレリュード)/piano soloショパン:24のプレリュード(前奏曲)/piano soloチュルニョーニス:4つの小品 作品3/piano soloチュルニョーニス:2つの小品 作品6/piano soloモンポウ:前奏曲 第10番/piano soloラフマニノフ:幻想的小品集/piano soloモンポウ:前奏曲 第8番/piano soloモンポウ:前奏曲 第7番/piano soloモンポウ:前奏曲 第9番/piano soloモンポウ:前奏曲 第6番/piano soloモンポウ:前奏曲 第5番/piano soloバッハ:4つのデュエット/piano soloショパン(フレデリック・ショパン)プレリュード・トゥ・ア・キス前奏曲 [ prelude]

前奏曲の関連情報