コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩睺羅伽 マゴラカ

デジタル大辞泉の解説

まごらか【摩睺羅伽】

《〈梵〉Mahoraga音写》人身蛇首の神。仏教では八部衆の一。摩睺羅王(まごらおう)。まごらが。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の摩睺羅伽の言及

【ナーガ】より

…ナーガは仏典においてもよく言及され,天竜八部衆の一つである。同じく八部衆に属する摩睺羅伽(マホーラガ)は大蛇のことであるが,ニシキヘビなどの大蛇を指すようである。ミャンマー国境に近いナガランドには,ナガ族という種族が住んでいて,ナーガの末裔と称し,独自の習俗を保存している。…

【八部衆】より

…これが半人半獣(鳥)の神と表されるのは,キンナラが〈人か否か〉を意味するからである。(8)摩睺羅伽(まごらが)(マホーラガMahoraga) 〈大蛇〉の意の神で,楽神とされる。またこれとは別に,四天王の配下とされる八部衆がある。…

※「摩睺羅伽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

摩睺羅伽の関連キーワード二十八部衆

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android