八部衆(読み)はちぶしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八部衆
はちぶしゅう

八部衆,竜神八部衆ともいう。釈尊に教化され,法を守護する異教の諸神,八種の天部。普通は天,竜,夜叉乾闥婆 (けんだつば) ,阿修羅迦楼羅 (かるら) ,緊那羅 (きんなら) ,摩ご伽 (まごらか) の一群を呼ぶ。また一説には四天王のを八部という。前者の作例としては,興福寺の『八部衆像』 (天平時代) が著名

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

八部衆【はちぶしゅう】

仏教を守護する異形の神々。天竜八部衆,竜神八部とも。天(天部),竜(竜神・竜王),夜叉(やしゃ)(勇健暴悪で空中を飛行する),乾闥婆(けんだつば)(香(こう)を食い,音楽を奏す),阿修羅(あしゅら),迦楼羅(かるら)(金翅鳥で竜を食う),緊那羅(きんなら)(角のある歌神),摩【ご】羅迦(まごらか)(蛇の神)の8をいう。
→関連項目乾漆

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちぶしゅう【八部衆】

釈迦に教化され仏法を守護する8種の下級神の総称大乗経典に仏の説法聴衆として登場する。天竜八部衆ともいう。(1)天(デーバdeva) 神のことで(devaはラテン語deusと同系),帝釈天をはじめとする三十三天など。(2)竜(ナーガnāga) 水辺にいて降雨などをつかさどる。その居所竜宮と呼ばれる。インドの美術ではコブラまたはコブラを頭につけた人間の姿で表される。(3)夜叉,薬叉(ヤクシャyakṣa) 森の神として福神と鬼神の両面をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はちぶ‐しゅう【八部衆】

仏語。釈迦が説法のとき聴聞に常侍し仏法を讚美した、仏法守護の八体一組の釈迦の眷属。天・龍・夜叉・乾闥婆(けんだつば)・阿修羅・迦楼羅(かるら)・緊那羅(きんなら)・摩睺羅伽(まごらか)の称。多くは天と龍で代表させて天龍八部という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報