コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撓角法 とうかくほうslope deflection method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

撓角法
とうかくほう
slope deflection method

たわみ角法ともいう。変形法に属する不静定構造物の構造計算法。その方法は各部材の部材角と節点回転角 (たわみ角) を未知数とし,材端応力と変形との関係式 (基本式) を使って,力の釣合い条件式 (節点方程式,層方程式) をつくり,これらを連立に解いて,未知数を算出し,ラーメン (部材が剛接合の骨組み) 各部の応力を知る。 1915年アメリカの W.ウィルソンと G.マニーとによって提案され,多くの研究を経て,高層多スパンの直線部材から成るラーメンの解法として重用された。その後 32年に H.クロスが簡単で実用的な固定モーメント法 (モーメント分配法) を発表してからは,あまり用いられなくなったが,その計算が代数的であるため,最近,電子計算機の普及により,利用価値が見直されつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

撓角法の関連キーワードたわみ角法

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android