コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撚翅目 でんしもく

2件 の用語解説(撚翅目の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

でんしもく【撚翅目】

ネジレバネ目の旧称。

ねじればねもく【撚翅目】

昆虫の分類の一目。ほとんどが体長数ミリメートルで、雄の成虫は蜂に似るが前翅ぜんしが退化する。雌の成虫は、普通はねも脚もない。すべて他の昆虫に内部寄生する。胎生によって生まれた幼虫には三対の脚があるが、寄主に侵入すると脱皮して無脚のうじとなる。日本ではエダヒゲネジレバネ・スズバチネジレバネなど六種が知られる。撚翅目でんしもく

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone