実物大(読み)ジツブツダイ

精選版 日本国語大辞典の解説

じつぶつ‐だい【実物大】

〘名〙 実物と同じ大きさ。原寸大。
※病牀六尺(1902)〈正岡子規〉三四「此猫は蹲まって居る形で、実物大に出来て居って、さうして黄色の様なペンキで塗ってある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報