昨今(読み)さっこん

精選版 日本国語大辞典「昨今」の解説

さっ‐こん サク‥【昨今】

〘名〙 現在に近い過去から、現在を含めて漠然という。きのうきょう。このごろ。近ごろ。
明衡往来(11C中か)上本今依堅固御物忌、令籠居給之由云云」
※青年(1910‐11)〈森鴎外二三「昨今(サクコン)松さんといふ絆纏着の兄いさんに熱くなって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「昨今」の解説

さっ‐こん〔サク‐〕【昨今】

きのうきょう。きょうこのごろ。ちかごろ。現在に近い過去から現在までを含めて漠然という。「昨今の世界情勢」
[類語]此の頃このところこの節近ごろ当今当節最近近時近年近来頃来けいらい頃日けいじつ時下今節

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「昨今」の解説

【昨今】さくこん

近来。

字通「昨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android