コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擦切石斧 すりきりせきふ

1件 の用語解説(擦切石斧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擦切石斧
すりきりせきふ

縄文時代の石斧。すり切り手法で原石から切取った磨製石斧。側縁にすり切った跡を残している。北海道から中部地方主として分布する。北海道,本州北部ではグラコフェンシストという青色の原石が用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の擦切石斧の言及

【石器】より

…小型の磨製石斧も増える。北日本の前期には石材を無駄なく使うためのくふうとして砂,水を用いて石片で擦り切る手法による擦切石斧も生まれる。縄文時代早期にも大量の木製品が発見され,木の加工に長じていたことがうかがえるが,各種の斧が大きな役割を果たしたに違いない。…

【磨製石器】より

…関東地方の早期,撚糸文土器に伴う石器に小型(長さ数cm)の河原石を用いて刃部を研磨してつくる特色ある局部磨製石斧があり,沖縄では早期爪形文土器に伴う撥形の局部磨製石斧,刃部を磨き出した薄身のナイフが発見されている。北海道から東北地方では早期に,貴重な石材をむだなく使うくふうとして,緑泥岩の板材を石鋸,砂,水を使って溝をきって擦り切る手法を用いた擦切石斧がつくられる。前期から中期にかけて乳棒状石斧があるが,原形は敲打(こうだ)の技術によって整えている。…

※「擦切石斧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

擦切石斧の関連キーワード縄文時代擦り切り・擦切り・摩り切り練り切り・練切り・煉り切り量り切り借切り擦切り捲り切り盛り切り御台寄切り里木貝塚

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone