コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬古主義 ギコシュギ

大辞林 第三版の解説

ぎこしゅぎ【擬古主義】

一般に古典を規範とし、その精神・形式にならおうとする立場。擬古典主義。
一七、八世紀のヨーロッパにおいて、古代ギリシャ・ローマの古典を尊重する芸術上の立場。古典主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

擬古主義の関連キーワードルードルフ・アレクサンダー シュレーダーミハイル クズミントゥイニャーノフティニャーノフアルカイズムアルカイスムギリシア語ヨーロッパ擬古典主義秋山玉山服部南郭鵜殿士寧市河寛斎柏木如亭公安派李攀竜竟陵派譚元春袁宏道立場

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android