コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬酸 ぎさん pseudo acid

2件 の用語解説(擬酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擬酸
ぎさん
pseudo acid

水に溶けて酸性を示すことはないが,アルカリ水溶液と反応し,塩を生じて溶ける有機化合物。ニトロメタンと,誘導体などがその例。RCH2NO2+Na+OH-→(RCHNO2)-Na++H2O一般に非常に弱い酸と考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

擬酸
ぎさん
pseudo-acid

そのものだけではほとんど水に溶けず、酸性も示さないが、塩基が存在すると転位して酸形の異性体をつくるような物質をいう。たとえばニトロメタン誘導体がそうである。
[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

擬酸の関連キーワードアルカリ安息香酸硝酸鉛ニトロメタンマレイン酸藍建て水溶沃化水素還元建てpH(ペーハー)(水素イオン濃度指数)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone