改正動物愛護法(読み)かいせいどうぶつあいごほう

知恵蔵miniの解説

改正動物愛護法

1973年に制定された「動物の愛護及び管理に関する法律」(略称動物愛護法)の一部を改正する法律。2019年6月に成立した。犬や猫の販売業者には所有者の情報が登録されたマイクロチップの装着を義務づけ、購入した飼い主には所有者情報が変わる場合の届け出を義務づけた。また、動物虐待を防止するため、殺傷に対する罰則を、「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」から「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に引き上げた。そのほか、生まれてすぐの犬や猫はしつけがしにくいことなどを考慮し、生後56日以内の犬や猫は原則販売禁止と定められた。

(2019-6-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

改正動物愛護法の関連情報