改良紙(読み)かいりょうがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

改良紙
かいりょうがみ

上級品はさらしたミツマタを原料とし,下級品はマニラアサ化学パルプを配合してすいた紙。明治期に製紙原料を従来のコウゾから,ミツマタへ転換したことから,改良紙と呼ばれる。高級な書道用紙で,手すき紙と機械ずき紙があり,これに罫引きして使用することもある。履歴書など墨書する場合に多く使用する。伊予改良半紙,因州改良半紙などが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android