コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨書 すみがき

4件 の用語解説(墨書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墨書
すみがき

日本の古代・中世絵画において墨線による下がきや決定的な構図の描線,あるいは彩色上に施された描き起しなどを広く意味する技法用語。これらは東洋の絵画制作過程における最も重要な技術で,工房制作の場合,主任画家がこれを担当した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すみ‐がき【墨書(き)/墨描(き)】

[名](スル)
墨でかくこと。また、墨でかいたもの。「―した図面」
日本画で、下絵として墨で輪郭を描くこと。また、仕上げの描(か)き起こしなどで描線を生かす技法。
平安時代、宮廷の絵所(えどころ)の職制で、主任画家の称。作画上、2の技法が重要視されたところからいう。

ぼく‐しょ【墨書】

[名](スル)墨で書くこと。また、その書いたもの。「座右の銘を墨書する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぼくしょ【墨書】

( 名 ) スル
墨で書くこと。また、その書いたもの。 「座右銘を-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の墨書の言及

【絵所】より

…これら御書所に近接した絵所の配置は,律令の伝統,さらにさかのぼって中国唐代の官制として知られる修賢院書院と直院・画直からの影響が推測される。さて,9世紀末にその存在が確認される宮廷の絵所は,《西宮記》によれば五位蔵人の別当と預(あずかり)などの官人のほかに,墨書(すみがき),内豎(ないじゆ),熟食(じゆくしよく)が加わった公的な絵画制作の機関であった。この職制のうち,預は絵画活動の事務責任者であったが,墨書は大勢の絵師のなかから画技の巧拙によって選抜された制作主任と考えられる。…

※「墨書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

墨書の関連キーワード喀痰確聞画眉揮毫細書作り眉デカダン描眉でか・いデカント

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墨書の関連情報