コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨書 すみがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墨書
すみがき

日本の古代・中世絵画において墨線による下がきや決定的な構図の描線,あるいは彩色上に施された描き起しなどを広く意味する技法用語。これらは東洋の絵画制作過程における最も重要な技術で,工房制作の場合,主任画家がこれを担当した。平安時代宮廷絵所 (えどころ) の職制では,主導的な画家の地位をも「墨書」と呼び,競争試験を行なって公に選任することも行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すみ‐がき【墨書(き)/墨描(き)】

[名](スル)
墨でかくこと。また、墨でかいたもの。「―した図面」
日本画で、下絵として墨で輪郭を描くこと。また、仕上げの描(か)き起こしなどで描線を生かす技法。
平安時代、宮廷の絵所(えどころ)の職制で、主任画家の称。作画上、2の技法が重要視されたところからいう。

ぼく‐しょ【墨書】

[名](スル)墨で書くこと。また、その書いたもの。「座右の銘を墨書する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼくしょ【墨書】

( 名 ) スル
墨で書くこと。また、その書いたもの。 「座右銘を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の墨書の言及

【絵所】より

…これら御書所に近接した絵所の配置は,律令の伝統,さらにさかのぼって中国唐代の官制として知られる修賢院書院と直院・画直からの影響が推測される。さて,9世紀末にその存在が確認される宮廷の絵所は,《西宮記》によれば五位蔵人の別当と預(あずかり)などの官人のほかに,墨書(すみがき),内豎(ないじゆ),熟食(じゆくしよく)が加わった公的な絵画制作の機関であった。この職制のうち,預は絵画活動の事務責任者であったが,墨書は大勢の絵師のなかから画技の巧拙によって選抜された制作主任と考えられる。…

※「墨書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

墨書の関連キーワード京都府京都市東山区粟田口三条坊町島根・山持(ざんもち)遺跡愛媛県西予市宇和町伊賀上愛知県名古屋市南区笠寺町三重県多気郡多気町長谷徳島県徳島市南島田町大阪府岸和田市池尻町長野県上田市下之郷三重県伊賀市種生三重県伊勢市岩渕長野県佐久市野沢三重県桑名市東方八幡林官衙遺跡阿弥陀寺四至武蔵墨書小判一万度の祓箱漆部弟麻呂良円(2)宗慶(1)弥生文字

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

墨書の関連情報