コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放ち鳥 ハナチドリ

デジタル大辞泉の解説

はなち‐どり【放ち鳥】

翼を切って池に放して飼う鳥。
「島の宮勾(まがり)の池の―人目に恋ひて池に潜(かづ)かず」〈・一七〇〉
飼っている鳥を逃がすこと。特に、放生会(ほうじょうえ)のとき、死者の追善のため鳥を放すこと。また、放たれた鳥。はなしどり。
「籠(こ)の内の名残り忘るな―心のままにあくがれぬとも」〈新撰六帖・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなちどり【放ち鳥】

(風切り羽を切るなど飛べないようにして)放し飼いにしてある鳥。 「島の宮勾まがりの池の-/万葉集 170
追善のために鳥を籠から放してやること。また、その鳥。 「とくかすめとくとくかすめ-/おらが春」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

放ち鳥の関連キーワード風切り羽おらが春勾りの池放生会放鳥荒ぶ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android