コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放ち鳥 ハナチドリ

2件 の用語解説(放ち鳥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はなち‐どり【放ち鳥】

翼を切って池に放して飼う鳥。
「島の宮勾(まがり)の池の―人目に恋ひて池に潜(かづ)かず」〈・一七〇〉
飼っている鳥を逃がすこと。特に、放生会(ほうじょうえ)のとき、死者の追善のため鳥を放すこと。また、放たれた鳥。はなしどり。
「籠(こ)の内の名残り忘るな―心のままにあくがれぬとも」〈新撰六帖・六〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はなちどり【放ち鳥】

(風切り羽を切るなど飛べないようにして)放し飼いにしてある鳥。 「島の宮勾まがりの池の-/万葉集 170
追善のために鳥を籠から放してやること。また、その鳥。 「とくかすめとくとくかすめ-/おらが春」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone