放生会(読み)ほうじょうえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放生会
ほうじょうえ

仏教殺生戒(→五戒)の思想に基づいて行なわれる,鳥獣や魚を放つ行事。その功徳は『金光明最勝王経』(→金光明最勝王経音義)などに説かれ,中国の天台宗開祖が行なったと伝えられており,日本では『日本書紀』のなかで,天武天皇5(676)年8月17日条に「諸国に詔(みことのり)して放生せしむ」とあるのが歴史上の初見。各地の寺院のほか,八幡神(→八幡信仰)をまつる神社を中心に行なわれており,大分県宇佐市宇佐神宮や,京都府八幡市石清水八幡宮の放生会はよく知られている。宇佐神宮の放生会は,養老4(720)年に反乱を起こして鎮圧された隼人怨霊をしずめるため,八幡神の託宣により天平16(744)年に始まったと伝えられ,かつては旧暦 8月15日,今日では仲秋祭の名で 10月第2日曜日を中日とする 3日間に行なわれている。石清水八幡宮では,宇佐神宮にならって貞観5(863)年に始まったと伝えられており,石清水祭と呼ばれ,10世紀以降勅使が奉幣する勅祭(→勅祭社)として重んじられた。こちらもかつては旧暦 8月15日の祭りであったが,今日では毎年 9月15日に行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうじょう‐え〔ハウジヤウヱ〕【放生会】

供養のために、捕らえた生き物を池や野に放してやる法会殺生戒に基づくもので、奈良時代より行われ、陰暦8月15日の八幡宮の祭りに催され、石清水八幡宮のものが有名。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

放生会【ほうじょうえ】

殺生を戒める仏教の教えにより,魚鳥など生きものを放って肉食や殺生を戒める儀式。慈悲の実践を意味する。日本では旧8月15日に行われた京都の石清水八幡宮の放生会が有名で,宮中の節会に準じた。
→関連項目祭日流鏑馬

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょうえ【放生会】

捕獲された鳥類魚類を山野池沼に解放する仏会。《梵網経》《金光明経》に放生は作善の一つとあり,中国においても放生の法会が行われたが,なかでも著名なのは,759年(乾元2)に唐の粛宗が81ヵ所の放生池(ほうじようち)を設け,顔真卿が碑文を作ったことである。日本でも仏教の流布とともに殺生禁断と放生の思想が高まり,676年(天武5)諸国に放生を行わせたのが初見で,689年(持統3)に摂津国武庫海(むこのうみ),紀伊国那耆野(なきの),伊賀国伊賀郡に特定の地区を設けて殺生禁断の所と定め,697年(文武1)には毎年諸国で放生を行わせることにした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうじょうえ【放生会】

供養のため、捕らえられた生き物を放してやる儀式。陰暦8月15日(現在では石清水祭の名で9月15日)に石清水八幡宮の神事に行われるものが有名。 [季] 秋。 《 -べに紐かけて雀籠 /村上鬼城 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放生会
ほうじょうえ

仏教の不殺生(ふせっしょう)、不食肉の戒めに基づき、鳥魚などを野や海などに放って命を救う法会(ほうえ)。『梵網経(ぼんもうきょう)』に、生類は人間の前世の父母かもしれないから、その命を救い、教えて仏道を完成させてやるべきだといい、『金光明経(こんこうみょうきょう)』には、釈迦(しゃか)が前世で流水長者であったとき、流れを止められ死にそうな魚のために、20頭の大象に水を運ばせこれを注いで命を救い、利天(とうりてん)に生まれさせたなどと、大乗仏典に放生を勧めている。中国南北朝時代末の天台智(ちぎ)が放生池をつくり殺生を止めた話は有名である。日本では578年(敏達天皇7)の放生以来、為政者や権門が放生会を営み、あるいは一般でも慈悲(じひ)行、災いの回避を目的として放生が行われた。石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)、宇佐八幡宮の放生会は、戦乱で死者を出した罪の償いとして始められた歴史がある。また、叡尊(えいぞん)が宇治平等院で、漁民に菩薩戒(ぼさつかい)を授け、放生院を再建し、宇治川などに殺生禁断の場所を設けたことなどはよく知られている。[木内曉央]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の放生会の言及

【水陸会】より

…実際の流行は宋代以後で,近代には浄土教や密教と混じて種々の儀軌や賛文がつくられ,一種の民俗行事となった。日本では,別の起源をもつ施餓飢会や,水中に魚をかえす放生会が流行し,水陸会の記録はないが,その功徳によって,先亡の追善をねがう意は同じである。【柳田 聖山】。…

【動物供養】より

…鳥獣虫魚にも霊魂があると考え,これらを殺生捕獲した者がその霊を慰めようとして,神道もしくは仏教の儀礼によって供養を営むこと。古くは八幡宮において魚鳥を放って殺生の罪を謝した放生会(ほうじようえ)なども,神慮をなぐさめるとはいいながら直接には殺されないですむ魚鳥を喜ばせ,これによって供養する者が心を安んじるのが目的であった。現代では牛馬の屠場業者,魚市場や養鶏業の関係者など生肉,卵,鮮魚などを取り扱う人々が,この種の動物霊の供養を年々の行事として挙行する場合が多く,捕鯨・狩猟関係の人々も仲間ごとに供養碑などの建立を行っている。…

【法会】より

…《三宝絵詞》には奈良,京都の寺々の代表的な法会が収められ,10世紀ころの仏事の盛行がうかがわれる。釈迦の慈悲の実現を具現化した窮民救済の文殊会や,生類の解放を示した放生会も,その法要の形式は失われたが,仏教界では今日に伝わっている。【堀池 春峰】。…

【放生池】より

…唐代の759年(乾元2)粛宗が長江(揚子江)沿岸の州県城に放生池81所を設け,顔真卿がそれに関する碑銘を書いた。宋代,杭州西湖の三潭印月の周囲を放生池とし,仏生日に供養の放生会を催したことは有名である。日本では持統天皇が摂津等の地に放生池を設けたことが知られる。…

※「放生会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放生会の関連情報