コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射法 ホウシャホウ

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃ‐ほう〔ハウシヤハフ〕【放射法】

平板測量の一方法。1か所に平板を置き、方向と距離だけを測って縮図を作るもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射法
ほうしゃほう

光線法」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

放射法の関連キーワードシュテファン(Josef Stefan)シュテファン=ボルツマンの法則レイリー‐ジーンズの放射法則シュテファンボルツマンの法則サチエンドラ・ナス ボースレイリージーンズの放射法則キルヒホフの放射法則プランクの放射法則ヴィーンの放射法則プランクの放射公式ウィーンの放射法則ヴィーンの輻射式プランク定数スチュアート光の科学史キルヒホフ平板測量光高温計ジーンズ放射法則

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放射法の関連情報