放射法(読み)ほうしゃほう

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃ‐ほう〔ハウシヤハフ〕【放射法】

平板測量の一方法。1か所に平板を置き、方向と距離だけを測って縮図を作るもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放射法の関連情報