コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縮図 しゅくず

7件 の用語解説(縮図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縮図
しゅくず

徳田秋声長編小説1941年発表。戦時下の『都新聞』に連載中,政府の文芸統制による干渉を受け,80回をもって作者みずから筆を絶ち,作者の死により未完のまま残された。進歩的知識人であった三村均平は次第に知識階級への反発を強め,中年を過ぎたいまは亡妻の子とも別れて,芸者置屋を始めた銀子と同棲している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐ず〔‐ヅ〕【縮図】

原形の寸法を一定比で縮小して描いた図。
現実の様相を、規模を小さくして端的に表したもの。「社会の縮図
[補説]書名別項。→縮図

しゅくず【縮図】[書名]

徳田秋声の小説。昭和16年(1941)発表。当局の圧迫により中絶し未完。芸者置屋の銀子の半生を描く自然主義文学の傑作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

縮図

1953年公開の日本映画。監督・脚本:新藤兼人、原作:徳田秋声、撮影:伊藤武夫。出演:乙羽信子、島田文子、北林谷栄宇野重吉殿山泰司菅井一郎沢村貞子ほか。第4回ブルーリボン賞主演女優賞(乙羽信子)受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅくず【縮図】

実物を小さくちぢめて写した図面。
幅広い物事をその本筋を中心に簡略にしたもの。 「人生の-」

しゅくず【縮図】

小説。徳田秋声作。1941年(昭和16)より発表。思想統制にあい未完。芸者銀子の生活を中心に、庶民生活の各層を客観的に描く。自然主義文学の代表作の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縮図
しゅくず

徳田秋声(とくだしゅうせい)の長編小説。1941年(昭和16)6月28日~9月15日『都(みやこ)新聞』に連載。80回で中絶。46年(昭和21)小山書店刊。主人公三村均平は妻の死後、子供とも別居し、愛人銀子が住む東京・白山(はくさん)の芸者屋で生活するようになる。そのへんから話題が銀子の過去にさかのぼってゆく。江東(こうとう)の靴屋に育ち、千葉から芸者に出て、石巻(いしのまき)、東京芳町(よしちょう)へと住み替える話が主軸となる。内容が芸者の身の上話なので、太平洋戦争直前の時局にふさわしくないという当局からの干渉に妥協せず、中絶した。秋声が1931年夏に知った白山芸者富弥(小林政子)の半生を、自然主義作家として、50年の創作経験を積んだ最後の到達点として描いた晩年の傑作。[和田謹吾]
『『秋声全集17』(1974・臨川書店) ▽紅野敏郎編著『論考徳田秋声』(1982・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縮図の関連キーワード中編小説長編小説徳田野口冨士男タバコロード混声の森夜来たるヘヴン徳田一穂足迹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

縮図の関連情報