光線法(読み)こうせんほう(英語表記)radiation method; angle and distance method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射法または射出法ともいう。平板測量において既知点に平板置し,そこを中心として必要な周囲の点までの方向線を引き,その直線距離巻尺またはスタジア測量によって測定し,縮尺化した各測定点の位置を図紙上に決定する方法。建物,道路などの形状を測量するとき,それらの細部の位置を決定するために用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android