放射相称(読み)ホウシャソウショウ

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃ‐そうしょう〔ハウシヤサウシヨウ〕【放射相称】

生物体の中心軸を通る相称面が3個以上あること。桜の花やヒトデなどにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうしゃそうしょう【放射相称】

生物の体の軸を通る相称面が三つ以上ある体制。動物では海綿動物・腔腸動物・棘皮きよくひ動物、植物では花や茎に見られる。輻射相称。放散相称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうしゃ‐そうしょう ハウシャサウショウ【放射相称】

〘名〙 生物の一個体または器官等で相称面が三個以上ある相称。リンドウ・ウメなどの花など。輻射相称

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の放射相称の言及

【相称】より

…後者は主軸とそれに交わる一つ以上の副軸をもつもので,これに3種の相称が含まれる。第1は三つ以上の相称面をもつもので,放射相称と呼ばれ,ウニやヒトデなどの棘皮(きよくひ)動物(相称面は五つ),ヒドラやクラゲなどの腔腸動物(相称面は四つないし六つ,またはその倍数)がそれである。この体形は固着生活や浮遊生活に適応した生物に多い。…

※「放射相称」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android