コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相称 そうしょうsymmetry

翻訳|symmetry

6件 の用語解説(相称の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相称
そうしょう
symmetry

生物体におけるある方向の軸面に鏡像的な構造をいう。この軸の方向,数により,左右相称放射相称などがある。相称は大多数の動物にみられ,これと同時に頭と尾という,体の前後関係の確立を伴っていて,人体のように,内臓は必ずしも相称でなくても,外形は相称にまとまっていることからみても,全身の運動性と関係があるといえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐しょう〔サウ‐〕【相称】

互いにつりあうこと。
一つの平面または直線を中心に、その左右または上下が同形であること。シンメトリー。対称。
生物体が、ある平面を境にして鏡像的に等しい部分に分けられること。人間の左右相称形、ヒトデの放射相称形など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

相称【そうしょう】

生物学における対称をいう。ヘッケルが生物の形態分類に用いた概念。生物体が一つの面に関し対称な左右相称(脊椎動物など),一つの主軸を通り互いに直交する2対称面をもつ2放射相称(クシクラゲ),三つ以上の対称面が互いに等角度で交わる放射相称(クラゲ,ヒトデなど)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうしょう【相称 symmetry】

一般にある図形または物体が一つの直線(相称軸)または平面(相称面)によって,鏡像をなす二つの部分に分けられることをいう。数学でいう対称とほぼ同じ概念であるが,対称が厳密な概念であるのに対し,相称は原則的に鏡像をなすことをさし,数学的厳密性を必要としない。生物学では,生物体の全体または一部の外形を整理分類するのにこの概念が用いられる。E.ヘッケルは1866年,系統類縁関係による分類とは別に,生物体の軸・極・相称性によって生物界を形態学的に分類することを提唱し,この体系を〈基本形態学Promorphologie〉と名づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうしょう【相称】

一つの線または面を境にして、その両側が全く同じ形をしていること。対称。シンメトリー。
生物の個体または器官が、ある軸や面で互いに同等な部分に区切られること。放射相称・左右相称など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相称
そうしょう

生物学用語では、動物をある面によって互いに鏡像的な等しい部分に分けられることをいう。大きくみて、放射相称と左右相称に分けられる。放射相称とは、体軸を通る相称面が三つ以上ある場合で、タイヨウチュウなどの原生動物イソギンチャク、クラゲなどの腔腸(こうちょう)動物、ヒトデ、ウニなどの棘皮(きょくひ)動物がその例である。いずれも運動性の低い動物、あるいは着生動物である。左右相称とは、相称面が一つで、これにより体が左右均等に分けられるものをいい、脊椎(せきつい)動物をはじめ、多くの動物にみられる。左右相称動物には頭尾軸が明確で、中枢神経系が頭部に集中する傾向があり、対(つい)になった左右の感覚器から外界の情報を得られる。そのため運動に方向性が生じる。これらの点と運動性が高いこととは深い関係がある。ヒトデやナマコも、幼生のときはプランクトンとして運動性があり、左右相称的な体制である。このように個体発生の過程で二次的に相称性が変わる場合もある。一方、アメーバのように相称性をもたない動物もいる。しかしながら、ヒトの体を考えてもわかるように、左右相称というのは主として体の外面のことで、内臓の配置など厳密には左右相称でない場合が多い。[和田 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相称の関連情報