コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線の線量限度と医療で使う放射線量 ほうしゃせんのせんりょうげんどといりょうでつかうほうしゃせんりょう

1件 の用語解説(放射線の線量限度と医療で使う放射線量の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ほうしゃせんのせんりょうげんどといりょうでつかうほうしゃせんりょう【放射線の線量限度と医療で使う放射線量】

 放射線の被曝量(ひばくりょう)はできるだけ少ないにこしたことはありません。
 国際放射線防護委員会(ICRP)は、放射線の線量限度(やむをえない場合の上限値)の勧告を行なっています。
 1990年のICRP勧告によると、放射線作業従事者は5年で100ミリシーベルト、かつ50ミリシーベルト/年、一般公衆は1ミリシーベルト/年となっています(1ミリシーベルトは1000分の1シーベルト)。
 放射線による検査や診断における被曝量は、検査の種類やからだの部位にもよりますが、多くが一検査につき0.1以下~数ミリシーベルトというわずかなものです。
 放射線療法では、がん細胞に最大のダメージを与え、健康な細胞には最小限の影響しか与えないよう、つぎのように決められています。
 1日あたり2グレイ、週5日、6週間(計30回)で合計60グレイが標準線量であり、最大線量です。ただし、がんの種類や大きさ、進行度によって線量は決定されます。
 シーベルトは放射線が、人体に与える影響をはかる単位(線量当量)、グレイは、生体に吸収されるエネルギー量(吸収線量)を表わす単位です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

放射線の線量限度と医療で使う放射線量の関連キーワード外部被曝最大許容線量放射線障害内部被曝線量線量計体内被曝放射線量体外被曝放射線許容量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone