コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政務調査費 せいむちょうさひ

知恵蔵の解説

政務調査費

地方自治法に基づいて、政策の調査や研究のために、議員報酬とは別に支給される。2007年度には、都道府県政令指定都市の議員分だけで総額200億円近かった。最高額は東京都と大阪市の議員1人当たり年720万円。 07年春の統一地方選に合わせて、各地で使途の不透明さが問題化した。酒席費用や飲食代、温泉旅行代、国会議員のパーティー代、自動車購入費、自宅の事務所家賃といった事例が続出し、透明化と削減を求める世論が強まった。07年だけでも、大阪府監査委員が3億4000万円、京都府監査委員が7500万円、それぞれ返還を勧告した。裁判でも、自民党名古屋市議団に2460万円の返還命令(名古屋地裁)、宮城県議会の6会派への665万円の返還命令(仙台地裁)などが相次いだ。 都道府県議会のうち、1円以上の領収書の添付を義務づけていたのは、07年春には長野、宮城など5県にすぎなかったが、世論の反発を受けて同年秋には新たに15府県が「1円以上」の導入を決めた。

(坪井ゆづる 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

政務調査費

地方自治法により自治体が議員に渡せる「政務活動費」にあたり、愛知県議会はマニュアルで「県政の課題、県民の意思を把握し、県政に反映させる活動に要する経費」と定める。県は県議に毎月87万円の報酬とは別に政調費50万円を支給。昨年度は6億9千万円が支出され約5億2千万円が使われた。

(2013-10-12 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいむちょうさ‐ひ〔セイムテウサ‐〕【政務調査費】

調査研究の経費として地方議会の議員に支給された費用。平成12年(2000)導入。平成24年(2012)地方自治法改正に伴い政務活動費に名称変更。政調費。
[補説]使途を公開する自治体は少なく、不適切な使途などが問題となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

政務調査費の関連キーワード自民・品川区議団政務調査費訴訟費用弁償・政務調査費問題大阪府の政務調査費問題宝塚市議会の政務調査費茨城県議会の政務活動費三重県議会の政務調査費議員報酬と政務調査費政務調査費と費用弁償ザ・グレート・サスケ政務活動費(政活費)政治資金と政務調査費府議会の会派運営費収支報告書と領収書中村議長の問題発言政務調査費と食糧費資料購入費活動諸費

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政務調査費の関連情報