コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散らし書(き) チラシガキ

デジタル大辞泉の解説

ちらし‐がき【散らし書(き)】

色紙・短冊などに、和歌や文句を行頭行末行間をそろえず、濃く薄く、太く細く、さまざまに散らして書くこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

散らし書(き)の関連キーワード元永本古今和歌集金銀泥下絵和歌巻源氏物語絵巻本阿弥光悦散らし書き女房奉書藤原公任書の鑑賞文字絵表記法升色紙継色紙色紙

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android