行頭(読み)ギョウトウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょう‐とう ギャウ‥【行頭】

〘名〙
① 文章などの行のはじめ。
② 修行や修行僧の監督の任にあるもの。
※異形の者(1950)〈武田泰淳〉「心づけを多額にもらった行頭も、たいがいなことは大目にみてくれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の行頭の言及

【行】より

…この統制は隋・唐まで続いたが,その間に国内商業が発展して商工業が分化をとげ,かつての列や肆は行とか市(し)と呼ばれるようになり,長安の東西の市では金行,銀行,絹行,薬行など220行があった。また各行に行老・行頭がいて行人,行戸を統率した。 唐末から宋代に起こった商業革命によって,こうした市の統制や行の性格は大いに変わった。…

【商業】より

…この同業商店の町を,秦・漢時代には肆(し)あるいは列と呼び,隋・唐から宋代にかけては行と呼んだ。行には首長がいて行内商店の取締りに任じたが,彼らは行頭または行首と称せられた。このような市は,唐代では県治以上の都市に設けられ,それ以下の小都市や村落には草市が置かれるのが常態であったが,こうした市の制度は宋代に至って一変した。…

※「行頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行頭の関連情報