コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散蒔き バラマキ

デジタル大辞泉の解説

ばら‐まき【×蒔き】

ばらまくこと。広い範囲に、また、ねらいを付けた多数に配ること。「ちらしの散蒔き」「票田対象の散蒔き予算」
種まきの方法の一。種子をばらばらに散らしてまくこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばらまき【散蒔き】

作物の種子を畝うねにまき散らしてまくまき方。 → 条播じようは点播てんぱ
金銭を広い範囲にばらまくこと。 「 -型福祉」 「 -政策」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

散蒔きの関連キーワードちらし多数予算福祉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android