コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敬天寺址多層石塔 けいてんじしたそうせきとうKyǒngch'ǒn-sa-ji tach'ǔng sǒkt'ap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敬天寺址多層石塔
けいてんじしたそうせきとう
Kyǒngch'ǒn-sa-ji tach'ǔng sǒkt'ap

朝鮮,高麗時代末期の大理石製の石塔。忠穆王4 (1348) 年開豊の敬天寺内に建てられたが,現在はソウル特別市の景福宮内に移築されている。3層の基壇上に 10層の塔身を重ね,高さ約 13m。各層は詰組み形式で木造建築の様式を細部まで写し出し,石彫技術もきわめて精密である。朝鮮における同形式の建造物としては,ほかに円覚寺址の多層石塔がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

敬天寺址多層石塔の関連キーワード朝鮮石塔

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android