コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数理論理学 すうりろんりがく

百科事典マイペディアの解説

数理論理学【すうりろんりがく】

数学全般に用いられる論理的な推論を,数学的記号を使って研究する論理学の一分野。記号論理学,理論的論理学とも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

すうりろんりがく【数理論理学】

記号きごう論理学

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数理論理学
すうりろんりがく

記号論理学」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

数理論理学
すうりろんりがく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の数理論理学の言及

【記号論理学】より

…伝統的なアリストテレス流の古典論理学と比べ,人工的な記号を多用するために,そう呼ばれた。19世紀後半に輩出した現代論理学の創始者たちは,特に数学を手本にして論理学を編制しようとしたため,数理論理学とか数学的論理学と呼ばれることもある。しかし言葉の由来はどうあれ,多量にしかも自覚的に行われた記号の採用と,論理的思考と数学的思考の同一性の認識とが,現代論理学を支える基本的発想となっている。…

※「数理論理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

数理論理学の関連情報