数空間(読み)すうくうかん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

数空間
すうくうかん

ある自然数nを定めて、実数(あるいは複素数)のn個の組みを要素とする集合のことをいう。Rn(あるいはCn)と表し、n次元数空間という。n=2のときは数平面という。数空間は、
  (x1, x2,……, xn)
   +(y1, y2,……, yn)
   =(x1y1, x2y2,
    ……, xnyn)
  α(x1, x2,……, xn)
   =(αx1x2,……,αxn)
と演算を定めると、ベクトル空間となる。そして、有限次元ベクトル空間は、その上に一つの基e1, e2,……, enを定めれば、
  xx1e1x2e2+……+xnen
   →(x1, x2,……, xn)
という対応によって、数空間として表される。
 数空間の二つの要素の間には、いろいろな形の距離を導入して、距離空間として扱うことができる。よく用いられるのは、ユークリッドの距離

である。[竹之内脩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数空間の関連情報