コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敵対貿易 てきたいぼうえきadversarial trade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敵対貿易
てきたいぼうえき
adversarial trade

アメリカのピーター.F.ドラッカーが日本の貿易姿勢を批判して使った言葉。 1986年に米上院に出された 87年包括貿易法案のなかでも使われた。ドラッカーは,18世紀を「補完」貿易,19世紀以降を「競争的」貿易と性格づけたが,日本などの輸出重視の攻撃的貿易姿勢を「敵対貿易」と呼んだ。日本は輸出先の市場におけるシェア確保をねらって,ときにダンピング (不当廉売) とも批判される低価格で集中豪雨的に輸出し,輸出先の競争相手企業に打撃を与える。この結果,相手国経済を弱体化させ,日本はみずから敗北する,とドラッカーは主張する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android