敵対貿易(読み)てきたいぼうえき(英語表記)adversarial trade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敵対貿易
てきたいぼうえき
adversarial trade

アメリカのピーター.F.ドラッカーが日本の貿易姿勢を批判して使った言葉。 1986年に米上院に出された 87年包括貿易法案のなかでも使われた。ドラッカーは,18世紀を「補完」貿易,19世紀以降を「競争的」貿易と性格づけたが,日本などの輸出重視の攻撃的貿易姿勢を「敵対貿易」と呼んだ。日本は輸出先の市場におけるシェア確保をねらって,ときにダンピング (不当廉売) とも批判される低価格で集中豪雨的に輸出し,輸出先の競争相手企業に打撃を与える。この結果,相手国経済を弱体化させ,日本はみずから敗北する,とドラッカーは主張する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android