コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷島製パン

2件 の用語解説(敷島製パンの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

敷島製パン

1920(大正9)年、盛田善平が創業。中部・関西では「シキシマ」、関東では「Pasco(パスコ)」のブランド名で販売していたが、03年にパスコに統一した。08年8月期の売上高は1578億円で、パン業界2位。超熟の開発を指示した当時の社長、盛田慶吉氏(故人)は、ソニー創業者の盛田昭夫氏のはとこ。

(2009-08-24 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

敷島製パン

正式社名「敷島製パン株式会社」。英文社名「Shikishima Baking Co., Ltd.」。食料品製造業。大正8年(1919)設立。本社は名古屋市東区白壁。製パン会社。パン・和洋菓子の製造・販売を行う。とくに食パンで高いシェア。「Pasco」ブランドで商品展開。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敷島製パンの関連キーワード盛田平がる桜川善平(3代)盛田善平加茂栄征空月の里楽自慢

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敷島製パンの関連情報