斉藤 了英(読み)サイトウ リョウエイ

20世紀日本人名事典の解説

斉藤 了英
サイトウ リョウエイ

昭和・平成期の実業家 大昭和製紙名誉会長。



生年
大正5(1916)年4月17日

没年
平成8(1996)年3月30日

出生地
静岡県

学歴〔年〕
早稲田大学専門部商科〔昭和13年〕卒,日本大学法学部〔昭和16年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和48年〕

経歴
大昭和製紙専務、副社長を経て、昭和36年社長に就任。57年経営危機の責任をとって辞任、相談役となり、60年名誉会長。経団連常任理事も務めた。平成2年ゴッホ画「ガシュ博士の肖像」を125億円で、ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」を119億円で落札して話題になり、「ガシュ博士の肖像」は世界一高い絵画としてギネスブック入りした。5年11月ゴルフ場開発をめぐる汚職事件に絡み、本間俊太郎元宮城県知事への1億円の贈賄容疑で逮捕され、辞任。7年10月東京地裁により懲役3年、執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

斉藤 了英 (さいとう りょうえい)

生年月日:1916年4月17日
昭和時代;平成時代の実業家。大昭和製紙社長
1996年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android