コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルノワール Renoir

翻訳|Renoir

デジタル大辞泉の解説

ルノワール(Renoir)

《「ルノアール」とも》
(Pierre-Auguste ~)[1841~1919]フランスの画家。印象派の運動に参加。豊麗な色彩で裸婦・花・子供などを描いた。晩年は彫刻も制作。
(Jean ~)[1894~1979]フランスの映画監督。の次男。絵画的な画面構成と重厚なヒューマニズムによって、芸術としての映画を確立した。作「どん底」「大いなる幻影」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ルノワールの関連キーワードルノアール(Pierreイレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像ウィリアム・ジェイムス グラッケンズアルジェリア風のパリの女たちムーラン・ド・ラ・ギャレットジョルジュ シャルパンティエガーデンミュージアム比叡ジャンヌ・サマリーの肖像フェルナンド アモルソロ舟遊びをする人々の昼食ピアノに寄る少女たちカーニュシュルメールルシエンヌ ボアイエアルベール アンドレ印象派とポスト印象派ジーン ウィエネールフレンチ・カンカン陽の光の中の裸婦BBプラザ美術館シュトロハイム

ルノワールの関連情報