コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斉遠 さいおん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斉遠 さいおん

仏教説話にみえる僧。
真言宗東寺でまなんだのち,故郷の周防(すおう)(山口県)の霊場二井寺(にいでら)にはいる。ある冬,大雪のため餓死寸前となったとき,狼(おおかみ)に殺された鹿の肉をたべてたすかる。里人が雪がやんだあと寺をおとずれると,鍋の肉は柏(かしわ)の木にかわっていた。のちに斉遠が本尊の観音像をみると,腰のあたりが切りとられていたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斉遠の関連キーワード仏教説話

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android