コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大雪 だいせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大雪
だいせつ

二十四節気の一つ。元来太陰太陽暦の 11月節 (11月前半) のことで,太陽の黄経が 255°に達した日 (太陽暦の 12月7日か8日) に始り,冬至 (12月 21日か 22日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではその第1日目をさす。この頃は降雪の多い時期で,昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (かつ鳥不鳴,虎始交,茘挺出) に区分した。これは,やまどりは鳴かず,虎は交接を始め,おおにらが生える時期の意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐ゆき〔おほ‐〕【大雪】

雪が大量に降ること。また、大量に降り積もった雪。豪雪 冬》「―の山をづかづか一人哉/一茶」⇔小雪(こゆき)

たい‐せつ【大雪】

激しく降る雪。多く積もった雪。おおゆき。
二十四節気の一。12月7日ごろ。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおゆき【大雪】

多量に降る雪。 [季] 冬。 「 -警報」

たいせつ【大雪】

激しく降る雪。多く降り積もった雪。おおゆき。
二十四節気の一。太陽の黄経が255度に達した時をいい、太陽暦で12月8日頃に当たる。陰暦では一一月節気。 → 小雪

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大雪
たいせつ

二十四節気の一つ。陰暦11月の節で、立冬後30日、新暦では12月7日ごろにあたる。季節のうえでは、ちょうど初冬の中ごろにあたる。大都会では風の弱い日はスモッグの季節であり、また本土の日本海側では大雪が降る年もある。海は時化(しけ)る日が多くなるが、ブリやハタハタの季節でもある。クチナシやヤブコウジが赤く染まり、暖かい地方ではウメのつぼみが発育を始める季節である。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大雪の関連キーワードターシュエシャンマイ白滝高原キャンプ場雪見舞い・雪見舞ぴっぷスキー場ターシュエ山脈大雪ピルスナー東シナ海低気圧旭川冬まつり大雪特別警報大雪旭岳源水ミニヤコンカトムラウシ山旭川市音楽堂旭川市博物館ケラ・ピルカ大雪地ビール大雪高原牛上川(町)富良野大麦上川[町]

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大雪の関連情報