コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大雪 だいせつ

7件 の用語解説(大雪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大雪
だいせつ

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 11月節 (11月前半) のことで,太陽の黄経が 255°に達した日 (太陽暦の 12月7日か8日) に始り,冬至 (12月 21日か 22日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではその第1日目をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐ゆき〔おほ‐〕【大雪】

雪が大量に降ること。また、大量に降り積もった雪。豪雪。 冬》「―の山をづかづか一人哉/一茶」⇔小雪(こゆき)

たい‐せつ【大雪】

激しく降る雪。多く積もった雪。おおゆき。
二十四節気の一。12月7日ごろ。 冬》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本文化いろは事典の解説

大雪

12月7日頃 大雪とは、山岳ばかりでなく平野にも雪が降り積もる季節ということからついた呼び名です。この頃になると九州地方でも氷が張ります。街はクリスマスの飾りでにぎやかになる頃ですね。

出典|シナジーマーティング(株)
日本文化いろは事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおゆき【大雪】

多量に降る雪。 [季] 冬。 「 -警報」

たいせつ【大雪】

激しく降る雪。多く降り積もった雪。おおゆき。
二十四節気の一。太陽の黄経が255度に達した時をいい、太陽暦で12月8日頃に当たる。陰暦では一一月節気。 → 小雪

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大雪
たいせつ

二十四節気の一つ。陰暦11月の節で、立冬後30日、新暦では12月7日ごろにあたる。季節のうえでは、ちょうど初冬の中ごろにあたる。大都会では風の弱い日はスモッグの季節であり、また本土の日本海側では大雪が降る年もある。海は時化(しけ)る日が多くなるが、ブリやハタハタの季節でもある。クチナシやヤブコウジが赤く染まり、暖かい地方ではウメのつぼみが発育を始める季節である。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大雪の関連情報