大雪(読み)だいせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大雪
だいせつ

二十四節気の一つ。元来太陰太陽暦の 11月節 (11月前半) のことで,太陽の黄経が 255°に達した日 (太陽暦の 12月7日か8日) に始り,冬至 (12月 21日か 22日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではその第1日目をさす。この頃は降雪の多い時期で,昔中国ではこれをさらに5日を一候とする三候 (かつ鳥不鳴,虎始交,茘挺出) に区分した。これは,やまどりは鳴かず,虎は交接を始め,おおにらが生える時期の意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐ゆき〔おほ‐〕【大雪】

雪が大量に降ること。また、大量に降り積もった雪。豪雪 冬》「―の山をづかづか一人哉/一茶」⇔小雪(こゆき)

たい‐せつ【大雪】

激しく降る雪。多く積もった雪。おおゆき。
二十四節気の一。12月7日ごろ。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおゆき【大雪】

多量に降る雪。 [季] 冬。 「 -警報」

たいせつ【大雪】

激しく降る雪。多く降り積もった雪。おおゆき。
二十四節気の一。太陽の黄経が255度に達した時をいい、太陽暦で12月8日頃に当たる。陰暦では一一月節気。 → 小雪

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大雪
たいせつ

二十四節気の一つ。陰暦11月の節で、立冬後30日、新暦では12月7日ごろにあたる。季節のうえでは、ちょうど初冬の中ごろにあたる。大都会では風の弱い日はスモッグの季節であり、また本土の日本海側では大雪が降る年もある。海は時化(しけ)る日が多くなるが、ブリやハタハタの季節でもある。クチナシやヤブコウジが赤く染まり、暖かい地方ではウメのつぼみが発育を始める季節である。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐ゆき おほ‥【大雪】

〘名〙 ひどく降る雪。たくさんにつもった雪。⇔小雪。《季・冬》
万葉(8C後)二・一〇三「わが里に大雪降れり大原の古りにし里に降らまくはのち」

たい‐せつ【大雪】

〘名〙
① はげしく降る雪。多く積もった雪。おおゆき。
※正法眼蔵(1251‐53)行持下「しかあるに大雪市地埋山没峰なり」 〔春秋左伝‐隠公九年〕
② 二十四節気の一つ。太陽の黄経が二五五度のときをいう。新暦の一二月七日頃に当たる。《季・冬》
※延喜式(927)一六「撃閇諸門、起大雪十三日冬至十五日〈日出辰一刻二分日入申四刻六分〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大雪の関連情報