コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎ふ イモウ

デジタル大辞泉の解説

いも・う〔いもふ〕【斎ふ】

[動ハ四]神を祭るために、心身を清める。
「神垣に神籬(ひもろぎ)立てて―・へども」〈河海抄・一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわう【斎ふ】

( 動四 )
よい事があるように、身を慎む。禁忌を守る。 「天地あめつしの神に幣ぬさ置き-・ひつつ/万葉集 4426
神聖なものとして祭る。 「祝部はふりらが-・ふ社の黄葉も/万葉集 2309
守る。 「汝が佩ける大刀になりても-・ひてしかも/万葉集 4347
無事を祈る。 「草枕旅行く君を-・ふと思ひて/万葉集 4263

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

斎ふの関連キーワード疋田豊五郎(ひきたぶんごろう)疋田豊五郎万葉集心身

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android