コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎ふ イモウ

デジタル大辞泉の解説

いも・う〔いもふ〕【斎ふ】

[動ハ四]神を祭るために、心身を清める。
「神垣に神籬(ひもろぎ)立てて―・へども」〈河海抄・一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわう【斎ふ】

( 動四 )
よい事があるように、身を慎む。禁忌を守る。 「天地あめつしの神に幣ぬさ置き-・ひつつ/万葉集 4426
神聖なものとして祭る。 「祝部はふりらが-・ふ社の黄葉も/万葉集 2309
守る。 「汝が佩ける大刀になりても-・ひてしかも/万葉集 4347
無事を祈る。 「草枕旅行く君を-・ふと思ひて/万葉集 4263

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

斎ふの関連キーワード疋田豊五郎(ひきたぶんごろう)疋田豊五郎万葉集心身

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android