コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河海抄 カカイショウ

デジタル大辞泉の解説

かかいしょう〔カカイセウ〕【河海抄】

南北朝時代の源氏物語の注釈書。20巻。四辻善成(よつつじよしなり)著。貞治6年(1367)ごろ成立。語句の解釈を重点とし、自説を示したもの。初期の源氏物語研究の集大成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

河海抄【かかいしょう】

南北朝時代の《源氏物語》注釈。四辻善成(よつつじよしなり)著。20巻。貞治年間(1362年―1368年),将軍足利義詮(よしあきら)の命により成る。平安末期以来の《源氏物語》研究の成果を集成し,著者の見解を加えたもの。
→関連項目花鳥余情太后御記

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かかいしょう【河海抄】

南北朝時代の《源氏物語》注釈。20巻。著者は四辻(よつつじ)(源)善成。将軍足利義詮(よしあきら)の命により,貞治年間(1362‐68)に成る。平安末期以来の《源氏物語》研究の成果を集成し,著者の見解をも加味して一書となしたもの。内容は,語句の解釈,出典調査,および有職故実,準拠の指摘を主とし,巻頭〈料簡〉の項において《源氏物語》とその作者紫式部についての概説を述べる。厳正で奇矯に走らず,以後の《源氏物語》研究に大きな影響を及ぼした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かかいしょう【河海抄】

注釈書。二〇巻。四辻善成著。貞治年間(1362~1368)の成立か。源氏物語研究の初期の集大成。河内本・青表紙本を対等に扱っている点が注目される。語釈に詳しく、注釈の新方向を示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河海抄
かかいしょう

『源氏物語』の注釈書。四辻善成(よつつじよしなり)著。貞治年間(1362~1368)ころに、室町幕府2代将軍足利義詮(よしあきら)の命によって成った。前代までの諸注釈を批判的に統合しつつ、豊富な引用書を駆使した考証により成った本書は、『源氏物語』研究初期の集大成的注釈書といえる。『源氏物語』古注釈史においても画期的な著書であり、その後の注釈に大きな影響を及ぼした。源光行(みつゆき)・親行(ちかゆき)親子の写本である河内(かわち)本と、藤原定家の写本である青表紙本の両方に注目している点、また、『源氏物語』が典拠とした先例や史実を明らかにしようとする姿勢が強く見られる点も本書の特徴である。著者の四辻善成は南北朝時代の和学者であり、順徳天皇の皇子善統(よしむね)親王の孫。後年、『河海抄』に載せなかった秘説を『珊瑚秘抄(さんごひしょう)』で著している。[吉井美弥子]
『吉森佳奈子著『『河海抄』の『源氏物語』』(2003・和泉書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の河海抄の言及

【花鳥余情】より

…古くは〈かちょうよせい〉とも呼ばれた。四辻善成の《河海抄(かかいしよう)》のあとをうけて,その遺漏を補い,誤りを正すことを意図した書。《源氏物語》のみならず広く和漢の学に通じ,当代一の学者であった兼良の学識を反映した著作であるが,《河海抄》が出典,準拠など考証を主としているのに対し,本書は煩瑣な考証は控え,《源氏物語》の本文に即した文意,歌意の説明,文脈の解明に重きを置く。…

【源氏物語】より

…京都ではこのころ了悟の《幻中類林》が出て独自の主張を試み,やや下って長慶天皇の辞書《仙源抄》が成り,碩学花山院長親も名高い。四辻善成(よつつじよしなり)(1326‐1402)の《河海(かかい)抄》は博引旁証,注釈の基礎を築いた。室町時代には,一条兼良の《花鳥余情》は鑑賞や語法面に新機軸を開き,宗祇およびその周辺の連歌師たちもそれぞれ業績を残している。…

※「河海抄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河海抄の関連キーワード南北朝時代岷江入楚春の七草青表紙本水原抄幼びる細流抄語釈内宴天児斎ふ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android