コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑衾 マダラブスマ

デジタル大辞泉の解説

まだら‐ぶすま【×衾】

まだら模様のある夜具
「寸戸人(きへひと)の―に綿さはだ入りなましもの妹(いも)が小床(をどこ)に」〈・三三五四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の斑衾の言及

【寝具】より

…古くは敷具と同様,薦や蓆が使われたが,奈良時代ごろからは苧衾(むしふすま),栲衾(たくぶすま),麻衾(あさぶすま)などが使われるようになった。また斑衾(まだらふすま)といい,真綿を入れた絹製の高級品もある。長方形で長さ8,9尺,幅4,5尺,上蓆と同様四周に縁をつけてある。…

※「斑衾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android